江戸川区 葛西 皮膚科 細谷皮膚科クリニック

東京都 江戸川区 葛西の皮膚科。ニキビ、脂漏性皮膚炎、乾皮症(皮脂欠乏症)、単純ヘルペス、アトピー性皮膚炎・蕁麻疹 等の診療を行っております。

皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック HOME
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック 診療案内
ニキビ
脂漏性皮膚炎
乾皮症(皮脂欠乏症)
単純ヘルペス
アトピー性皮膚炎・蕁麻疹
水虫・爪水虫
とびひ
水いぼ
水ぼうそう
いぼ・ウオノメ・タコ
しみ・そばかす
円形脱毛症
手あれ
コラーゲン・ヒアルロン酸注射
プラセンタ・ニンニク注射・ピアス・インフルエンザワクチン予防接種・その他診療
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック 医院紹介
クリニック案内
コラム
ブログ1
ブログ2
ブログ3
関連リンク集
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック 医院紹介
↑携帯サイトはこちらから↑    QRコード
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック
ホーム → 診療案内 【 とびひ 】

とびひ ≪伝染性膿痂疹(のうかしん)≫
梅雨頃から夏の終わり頃までの蒸し暑い時期に、多くは1〜6才くらいの幼児に発症します。

虫刺されや微細な外傷を汚い手でかいたりすることから始まり、赤い斑点ができたあと、その部分に一致してかゆみのある水疱(みずぶくれ)・膿疱(うみをもったぶつぶつ)が出きてきます。
それが破れてびらん面やかさぶたとなり、一部がただれてジクジクし湿疹化したものがとびひです。
黄色ブドウ球菌と連鎖球菌という化膿菌が原因菌ですが、日本ではほとんどが黄色ブドウ球菌性です。
かいて水疱が破れると、中にいた無数の菌が飛び散り、あちこちの皮膚に拡がっていきます。
治療はグチュグチュ(炎症)を抑える抗生物質とかかないようにするための抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の内服と抗生剤入りのかゆみ止めの外用薬です。

お母さん、きちんとまじめに薬をのませてあげて下さいね。
患部には分泌物がついて発疹が拡大しないようにガーゼをはる必要のある場合もありますが、はらずに薬だけを塗り乾かしたほうが絆創膏かぶれなども起きず治りが早いことも多いです。
水疱が完全に乾いたら通園、通学もOKです。幼稚園・保育園などの幼児間・兄弟間ではとびひの部分への接触で伝染するので注意が必要です。
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック
あたりまえですが良くなるまでの間=最低3〜4日は通園させないで休ませて下さいね。
またプールへの入水は裸になるためにほかの人に患部が触れて感染する危険性が高いので控えましょうね。
兄弟一緒の入浴も同じくやめ、タオルなど必ず別々にして下さい。
患児は入浴を控えシャワーだけにしましょう。
そしてなによりも一番大切なことは安静にすることです。外で汗をかいて遊んでいては治るはずもありません。
治るまでの間は家の中で涼しくして遊んで下さいね。

さあ、ちびっこたち。
夏は長いようで短いから早く治してガンガン遊ぼうね。

 
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック  

foot

COPYRIGHT(C)2008 皮膚科 東京都江戸川区|細谷皮膚科クリニック. ALL RIGHTS RESERVED.