江戸川区 葛西 皮膚科 細谷皮膚科クリニック

東京都 江戸川区 葛西の皮膚科。ニキビ、脂漏性皮膚炎、乾皮症(皮脂欠乏症)、単純ヘルペス、アトピー性皮膚炎・蕁麻疹 等の診療を行っております。

皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック HOME
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック 診療案内
ニキビ
脂漏性皮膚炎
乾皮症(皮脂欠乏症)
単純ヘルペス
アトピー性皮膚炎・蕁麻疹
水虫・爪水虫
とびひ
水いぼ
水ぼうそう
いぼ・ウオノメ・タコ
しみ・そばかす
円形脱毛症
手あれ
コラーゲン・ヒアルロン酸注射
プラセンタ・ニンニク注射・ピアス・インフルエンザワクチン予防接種・その他診療
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック 医院紹介
クリニック案内
コラム
ブログ1
ブログ2
ブログ3
関連リンク集
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック 医院紹介
↑携帯サイトはこちらから↑    QRコード
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック
ホーム → 診療案内 【 手あれ 】

手あれ(進行性指掌角皮症)
基本的には、大人から子供までどんな人にも手あれは起こります。美容師、調理師、看護士、介護士、保育士、トリマーから主婦にいたるまで仕事で水を使う人、草花など園芸植物を扱う人、コンクリートやガラス繊維や有機溶剤を扱う人、紙幣や新聞紙などの紙をよく触る人などが代表的です。

季節的には寒い冬に乾燥も手伝ってひどくなることが多く、よく使う利き手の親指と人差し指やものを握る際に力の入りやすい薬指と手のひらに症状が出やすいです。
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック
皮膚は全体にかさかさとして乾燥し、指先では指紋が見えにくくなり、ひどい時には赤くなりひび割れて痛みさえ感じるようになります。
外からの刺激が強くアレルギー反応をおこすと小さな水疱が出現し、かゆみを伴い、かいたところがただれてぐちゅぐちゅして湿疹化します。


治療は安静、つまり手を使わないことが一番大事です。
でも現実的にはそれは難しいので、ふだんから綿の手袋を着用し(就寝時も)できるだけ手に負担をかけないようにしましょう。
洗い物はもちろんのこと、テーブルを拭いたり、洗濯物を干したりなど水仕事の際には必ずゴム手袋(なるべく綿の手袋の上から)をして下さい。

洗い物はずっとしなければいけない仕事なので食器洗い機は必需品ともいえますね。
冬は寒くて乾燥しているので外出の際にもきちんと手袋をしましょう。
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック 手の甲側がカサカサして乾燥している人は手を洗ったり、水仕事をした後には必ず手を良く拭くようにしましょう。

良く拭かずにぬれたままだと、残った水分が蒸発するときに肌のうるおい成分まで一緒に奪ってしまうために乾燥しやすくなります。

タオルやティッシュなどで軽くおさえるように拭いてくださいね。
当クリニックでは尿素やヘパリン類似物質の入った皮膚の潤いを保つ保湿剤を処方します。またとくに症状のひどいときには抗アレルギー剤、ステロイド軟こう、ステロイドテープ、抗生剤なども処方しますよ。

 
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック  

 
皮膚科 東京都 江戸川区 葛西|細谷皮膚科クリニック  

foot

COPYRIGHT(C)2008 皮膚科 東京都江戸川区|細谷皮膚科クリニック. ALL RIGHTS RESERVED.